伊東宣明 個展 『人生で一番美しい』

伊東宣明 個展『人生で一番美しい』

有限の身体と死
同志社女子大学ラーニング・コモンズギャラリーは、2018年5月30日(水)から6月15日(金)まで、伊東宣明氏の個展『人生で一番美しい』を開催いたします。
氏は、「身体」「生/死」「精神」といった生きるうえで避ける事のできない根源的なテーマを追求しながら、映像作品やインスタレーション作品などを発表している美術家です。
本展は、20歳前後の男女10数名がカメラを前に、一様に同じように「今、私は人生で一番美しい」と、1000年後の鑑賞者に向けて宣言する映像によって構成されます。1000年後も劣化しないデジタルの映像によって構成された本作は、逆説的に有限の身体を意識させることで「死」を炙り出す事を試みます。

カテゴリー
作品展示
会期
2018年5月30日(水)ー6月15日(金) 9:30〜19:30
土日休館
会場
同志社女子大学 ラーニング・コモンズギャラリー
(京田辺キャンパス聡恵館1F)
対象
一般
観覧料
無料
主催
同志社女子大学 メディア創造学科
お問い合わせ
同志社女子大学 学芸学部 メディア創造学科事務室 TEL: 0774-65-8635

伊東宣明(Nobuaki Itoh)氏 プロフィール

1981年奈良生まれ、京都在住。2016年、京都市立芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。博士(美術)。「身体」「生/死」「精神」といった生きるうえで避ける事のできない根源的なテーマを追求し、映像やインスタレーション作品を発表している。近年の主な個展に「アートと芸術家」(WAITINGROOM、東京、2016年)、「アート」(愛知県美術館 APMoA Project ARCH、名古屋、2015年)、グループ展に「牛窓・亜細亜藝術交流祭」(牛窓地区/尻海地区、岡山、2014年、2017年)、「GRAVEDADCERO」(Matadero Madrid、マドリード・スペイン、 2015年)、「レゾナンス 共鳴 人と響き合うアート」(サントリーミュージアム、大阪、2010年)など国内外多数。

EVENT MENU

EVENT TOPICS

NEWS TOPICS

ARCHIVES

同志社女子大学 学芸学部 情報メディア学科 二瓶ゼミ 卒業研究成果発表展

msc TWITTER