メディア創造系海外事情2018

カテゴリ
その他
開催日時
2018年9月9日(日)〜16日(日)
場所
韓国・ソウル
引率
川田隆雄教授
影山貴彦教授
参加者
「メディア創造系海外事情」履修生

REPORT

2018年9月9日から16日にかけて、海外実地研修科目「メディア創造系海外事情」を実施いたしました。
今年度は、新たなテーマとして「韓国エンターテインメント研修」を掲げ、韓国・ソウルへ学生32名が参加しました。

現地にて実施した研修は以下のとおりです。
・ノンバーバルパフォーマンス「Painter’s HERO」鑑賞および出演者との交流食事会
・東亜放送芸術大学との学生交流、K-POPワークショップ(ダンス・楽曲収録)
・SBSテレビ局制作「THE SHOW」番組収録見学
・SBSテレビ局内見学、番組制作レクチャー
・K-POPプロダクション、練習スタジオ見学および現役K-POPアイドルとの交流
・世界遺産「水原華城」、韓国民俗村訪問
・国会議事堂訪問、および国会議員による韓国エンターテインメント産業に関するレクチャー
・映画、ドラマ撮影ロケ地見学および映画監督による映画製作レクチャー

参加者は計7日間のプログラムの中で、韓国におけるエンターテインメントの現状や展望について、「制作者」「教育者(学生)」「表現者」「政策立案者」など、多様な面から学びを得ることとなりました。

韓国のエンターテインメント産業は国内のみならず、国外へのグローバルな視点を持って展開されています。参加者にとって、日本と韓国との違いを体験的に学んだことは、両国を比較・研究しエンターテインメント産業のより良い在り方を探求するきっかけとなる、大変有意義なプログラムであったと感じます。

参加者32名