JOUABLE SELECTED WORKS

カテゴリー
作品展示
開催日時
2006年4月17日 ー 2007年07月21日
場所
mscギャラリー 知徳館 1F C163
出展者
情報メディア学科

REPORT

ジュネーヴ(2002)、京都(2003)、パリ(2004)で開催された学生によるメディア・アート作品選抜展
jouable(ジュアブル)” とは英語の“playable”に相当するフランス語で、“jeu”(play=遊び、上演、プレイ、ゲーム)に関連する言葉です。ここで展示される作品は、あらかじめ完成されたものを観客に提示するのではなく、観客の参加によって成立するものです。コンピュータと観客の間にある双方向な関係の中で「遊び」(PLAY)に着目し、観客と一緒に「駆け引き」(PLAY)できる新しい楽しみ方を提案しています。

作品名アーティスト名 展示期間
Senser Table Workshop 04.17-04.28
CLAVIERSTRUCK/KARAOKE VARIATIONS Mariina Bakic 05.08-05.19
LIPSTICK TRACES Jean-Michel Geridan 05.22-06.02
GRANDE ROUE Caroline Bernard 06.05-06.23
LANDMAP Gwenola Wagon & Alexis Chazard 06.26-07.7
TRAVELLING Yumiko Endo & Takeshi Maeda 07.10-07.21

ARCHIVE MENU

2021年度のイベント・レポートは
学科イベント」でご覧いただけます。

ARCHIVE TOPICS

ARCHIVES

グーテンベルク聖書展