ARCHIVE 2022年度

有賀ゼミ習作展2022「The Passage of Time」

メディア創造学科 有賀ゼミ習作展 2022「The Passage of Time」 「時間の経過」をテーマにWebコンテンツ、 映像、 アニメーション、 アプリなどを制作しました。 時間に形はありま......

REPORT >

2022年度 同志社女子大学 メディア創造学科 進級制作展 「log.」

2022年度 同志社女子大学 メディア創造学科 進級制作展「log.」 進級制作展とは、メディア創造学科3年次生が今まで培ってきた経験、スキルを活かして創り出した作品を出品する作品展です。 “log.......

REPORT >

2022年度 メディア創造学科 卒業演習・制作合同発表会

2022年度 メディア創造学科 卒業演習・制作合同発表会 この発表会はメディア創造学科4年次生による合同発表会です。 感染症対策のため、発表者の4年次生以外はZoomを使用したオンラインでの参加としま......

REPORT >

Cross Talk 2022 in a virtual world メディア創造学科3年次生 研究ポスターセッション

メディア創造学科3年次生による研究発表と討議の場 卒業研究に向けての中継地点です Gather townとZoomとを使用したバーチャル開催となります。 ご参加は同志社女子大学メディア創造学科生と教職......

REPORT >

批評の教室 -ポピュラーカルチャー作品を批評してみよう vol.2-

批評の教室 -ポピュラーカルチャー作品を批評してみよう vol.2- 身近な文化のあり方をより深く理解するために 皆さんは「批評」という言葉にどのようなイメージをお持ちでしょうか。小難しいものや、攻撃......

REPORT >

鳥海 修氏講演会「私の作った仮名書体」 仮名で変わる、広がる世界

鳥海 修氏講演会「私の作った仮名書体」 仮名で変わる、広がる世界 「日本語フォントの有り様と私の作った仮名書体」 日本語表記は、漢字・平仮名・片仮名・アルファベットなど、それぞれ異った歴史を持つ文字群......

REPORT >

メディア創造学科 学生公募展 2022「Baby’s Breath」

同志社女子大学 メディア創造学科 メディア創造学科 学生公募展 2022「Baby’s Breath」 同志社女子大学『メディア創造学科学生公募展』は、本学科の学生がもつ「着眼点とその感性......

REPORT >

イラスト表現演習 成果展 2022「雑誌の表紙を構想する」

イラスト表現演習 成果展 2022「雑誌の表紙を構想する」 イラスト表現演習の最終課題では、既存の雑誌(自分がよく読んでいる雑誌)の特集を構想して、イラストレーション制作と表紙のレイアウトを行いました......

REPORT >

HUMANUAL 少年少女は[  ]の夢を見るか?

HUMANUAL 少年少女は[  ]の夢を見るか? 同志社女子大学メディア創造学科髙木ゼミ、ライン=ヴァール大学、香港科技大学 合同展示会 『HUMANUAL』は、同志社女子大学メディア創造学科髙木ゼ......

REPORT >

アフターエフェクツワークショップ

アフターエフェクツワークショップ 初心者を対象にAdobe After Effects(アフターエフェクツ)の使い方を学びます。 講師 尾崎祐介氏(メディアサポートセンター) 開催日時 2022年10......

REPORT >

漫画の文献学ワークショップ『批評の教室」vol.1 エキシビション

漫画の文献学-フィロロジー- ワークショップ 『批評の教室」vol.1 エキシビション 漫画は、現代を生きる私たちにとって最も身近な表現形式の1つです。雑誌や単行本、ウェブサイト、アプリ、SNSといっ......

REPORT >

2022年度メディア創造学会 総会・講演会 藤井直子氏講演会「クリエイティブと著作権」

2022年度メディア創造学会 総会・講演会 藤井直子氏講演会「クリエイティブと著作権」 カテゴリー 講演会 講師 藤井 直子氏(兵庫県行政書士会 神戸支部・著作権相談員) 開催日時 2022年7月20......

REPORT >

関口ゼミ産学連携ブライダルプロジェクト発表会「四季彩菓・福ひらき」

「四季彩菓・福ひらき」 産学連携ブライダルプロジェクト「四季彩菓・福ひらき」の発表会を2022年6月12日(日)に実施しました。 当日は、演出企画のプレゼンテーションだけでなく、私立大学の先駆となる学......

REPORT >

「TRY TO GO OVER (T)HERE」田中幹人展

あらゆるものがデジタル化可能な社会の中で、私が表現したいのは<アナログだからこそ生まれる感覚>。そこにはアナログな行為をした者だけが得られる主体的感覚と、偶然の美しさ、理屈ではない面白さ、受け入れ難い......

REPORT >

2022年度 現代美術演習 作品展示

第1回の展示はエルズワース・ケリーの作品「Colors for a Large Wall」と、ゲルハルト・リヒターの作品「カラーチャート」シリーズを参考に、偶然性と規則性を用いた作品を制作し、全員でイ......

REPORT >

『When Graphic Speak – グラフィックが語るとき』 ジャスティン・ウォン展

『When Graphic Speak – グラフィックが語るとき』 ウォン氏は日常生活、社会や政治をテーマとしイラストやコミックを描いています。 最新のプロジェクト「Daily Wish」シリーズで......

REPORT >

『When Graphic Speak – グラフィックが語るとき』ワークショップ

『When Graphic Speak – グラフィックが語るとき』ワークショップ 『When Graphic Speak – グラフィックが語るとき』展示期間中、2回にわたるワークショップをオンライ......

REPORT >

映像制作ワークショップまつり’22

映像制作ワークショップまつり’22 【演出・撮影編、編集・カラーグレーディング編、MA編】 映像制作に関わるワークショップを開催します。 すべてのワークショップの申し込み受付開始は4月19......

REPORT >

メディア創造学科 2022年度 新入生オリエンテーション

カテゴリー その他 開催日時 2022年4月4日(月)、4月6日(水) 場所 同志社女子大学 京田辺キャンパス 参加者 メディア創造学科1年次生、オリエンテーションリーダー17名、メディア創造学科教職......

REPORT >

【souzou】vol.05 メディア創造学科企画展示

【souzou】vol.05 メディア創造学科企画展示 Souzou、表音記号では様々な意味を連想することができます。想像、創造、送像、そして騒々。漢字の表記に従って、意味が変わっていきます。興味深......

REPORT >

ARCHIVE MENU

2023年度のイベント・レポートは
学科イベント」でご覧いただけます。

ARCHIVE TOPICS

ARCHIVES

映像制作ワークショップまつり 2018 第三回 カラーグレーディング編