藤本由紀夫 LIVING ROOM -red/red/blue/blue/yellow/black-

カテゴリー
作品展示
開催日時
2008年4月25日 ー 6月13日
場所
mscギャラリー 知徳館 1F C163
出展者
藤本 由紀夫氏

出展者プロフィール 藤本由紀夫  FUJIMOTO Yukio

1950年 名古屋生まれ1975年 大阪芸術大学音楽学科卒業
個展
1997-2006 「美術館の遠足」(西宮市大谷記念美術館、兵庫)2006 「HERE & THERE」(名古屋市美術館、愛知)2007 「ECHO-潜在的音響」(広島市現代美術館、広島) 「哲学的玩具」(西宮市大谷記念美術館、兵庫)「+/ー」(国立国際美術館、大阪)
グループ展
2001 第49回ヴェニス・ビエンナーレ(カステロ公園、ヴェニス)Facts of Life:Contemporary Japanese Art (ヘイワード・ギャラリー、ロンドン) 2004 マルセル・デュシャンと20世紀美術(国立国際美術館、大阪横浜美術館、神奈川)2007 第52回ヴェニス・ビエンナーレ(アルセナーレ、ヴェニス)「関係-FUJIMOTO and RELATIONS-」(和歌山県立近代美術館、和歌山)

REPORT

音という目に見えないものを使って日常のすばらしさを「サウンド・オブジェ」で表現するサウンドアーティスト藤本由紀夫氏の展覧会。
本展では、リートフェルトの椅子4脚と違った一音のみが出るオルゴールを複数用い、座って、触れて、聞いて見るという感覚の体験ができる空間「LIVING ROOM-red/red/blue/blue/yellow/black-」を展示しました。

椅子とオルゴールの配置が見慣れた空間に普段とは違った一面を創出し、複数のオルゴールの組み合わせによって回すたびに変わるメロディは、雰囲気は似ていながらもそれぞれ一度きりしか体験できないものでした。

ARCHIVE MENU

2021年度のイベント・レポートは
学科イベント」でご覧いただけます。

ARCHIVE TOPICS

ARCHIVES

初級者向け講習会「ポップミュージックの華麗なる作曲法」