文字のランドスケープ:香港

文字のランドスケープ:香港

香港の街は文字で溢れている。数え切れないほどの商業サインが様々な形で重なり合い、交差し、ユニークな都市景観を織りなしている。そこに描かれた文字は、単なるコミュニケーションとしての手段や歴史および文化の記録という意味合いだけでなく、美意識への表明でもあるのだ。今回の展覧会の狙いは香港の商業サインででよく使われる3つの書体:隷書(れいしょ)、魏碑体(ぎひたい)、楷書(かいしょ)に光を当てることにある。そして、実物とその元になったアートワークをディスプレイすることにより、美しさとその応用、そしてこれら3書体が街へ繰り出していった歴史的な側面をも探求しているのである。

カテゴリー
作品展示
会期
2019年7月2日(火)ー7月26日(火) 10:00〜19:00
土日休館
場所
同志社女子大学 京田辺キャンパス
聡恵館1Fラーニング・コモンズ ギャラリー
入場料
無料
共催
PolyU Design 同志社女子大学
お問い合わせ
同志社女子大学 学芸学部 メディア創造学科事務室 TEL: 0774-65-8635