メディア創造系海外事情2019

メディア創造系海外事情2019
カテゴリ
その他
開催日時
2019年8月21日(水)〜9/1日(日)
場所
ドイツ・フィンランド
引率
森光一教授
高木毬子准教授
参加者
「メディア創造系海外事情」履修生

REPORT

2019年度海外研修旅行(メディア創造学科系海外事情A)
本年度の海外研修旅行では、ドイツおよびフィンランドにおけるアート&デザインの創造性と革新性に触れるとともに、両国のLOHAS(lifestyles of health and sustainability)やエコロジカルな取組にも注目し、これからの社会のあるべき姿を模索するためにアート&デザインに何が可能か、そのヒントを探りました。
デュッセルドルフ(ドイツ)ではK20・K21州立美術館、インゼル・ホムブロイヒなどでの芸術研修に加え、活版印刷や製本などのデザインワークショップ、有機食材を用いた調理ワークショップを行いました。ヘルシンキ(フィンランド)では、ヘルシンキ現代美術館、デザインミュージアム、アルヴァ・アアルト邸やスタジオ、フィスルカスビレッジなどでの研修を行いました。参加学生からは、全行程を通じて、おおいに知的・感性的刺激を受けたとの報告を受けています。今後の学生たちの学びや研究につながる、極めて重要な経験であったと言えるでしょう。