ユース・エンタプライズ トレードフェア2018にて、「プロジェクトプランニング演習I・II」の受講生が『特別賞』を受賞しました!

2018年12月2日(日)に開催された「ユース・エンタプライズトレードフェア2018」にて、プロジェクトプランニング演習I・II (関口英里教授)の受講生が『特別賞』を受賞しました。

本フェアは「アントレプレナーシップ(起業家的行動能力)を発揮できる若者の育成」を目的に毎年開催されており、科目「プロジェクトプランニング演習Ⅰ・Ⅱ」から出展を行っております。今回、特別賞を受賞したチームは京田辺市キララ商店街でのファッションショー開催など、地域コミュニティへの高い貢献と創造性が評価されました。

特別賞 チーム名『Hikamaker』
http://www.entreplanet.org/TF/2018/

(以下、受賞チームによるコメント)
私達は、”京田辺市に住む⼦供達に⼀⽣忘れない思い出を提供する”ことを⽬標に、京⽥辺市キララ商店街にて、⼦供向けのファッションショーを開催致しました。そして、その過程や成果をユース・エンタープライズトレードフェアで発表し、特別賞を頂くことができました。
このプロジェクトは、私に”新たな⽬標”を与えてくれました。⼤学⽣・学校という⼩さな組織に捉われるのではなく、社会に関わる⼀⼤⼈としての⾃分の経験値や⼈間性を伸ばしたいと思えたのは、このプロジェクトで代表を経験したからです。社会に出たことのない⼥⼦⼤⽣7⼈が初めて⾃分達の⼒でビジネスを進めるのは、想像より簡単なことではありませんでした。みんなの前では笑って、家に帰って⼀⼈で誰にも気づかれないように泣く⽇は数え切れない程ありました。私たちはまだまだ⼦供で、⾃分の機嫌を⾃分でとることも出来なければ、俯瞰して物事を⾒ることもできません。
そんな7⼈を1つにしてプロジェクトを成功させることを考えた時に、私にできることは「楽しむこと」でした。「頑張っているんじゃない。楽しいからやっているんだ」そう思えたからこそ、このプロジェクトは成功し、特別賞という名誉ある賞に結びついたのではないかと考えています。
そして、私の考え⽅に最後までついきてくれた6⼈の社員に本当に感謝しています。また、最後まで私達の味⽅となり応援してくださった先⽣や取引先様に感謝の気持ちで⼀杯です。私たちは、この名誉ある賞を頂けたことを糧に、更に前進して参ります。
(Hikamaker代表 川角萌那)

NEWS ARCHIVE

EVENT TOPICS

太田徹也作品展 The Appeal of Diagrams『ダイアグラムの魅力』 → 絵文字、気象図、経済指標、交通路線図ほかのデザイン

2018年度 同志社女子大学 メディア創造学科 学生公募展「プロローグ」

映像制作ワークショップまつり 2018 第三回 カラーグレーディング編

グラフィックデザイン・WEB基礎演習成果展 デザインの ABC -グラフィック研究、●▲■から文字へ-

映像制作ワークショップまつり 2018 第四回 After Effects編