それから vol.1 『マークが/しかない展』

マークが/しかない展

※本展示では、ピクトグラム、ロゴ、アイコン、記号… この世に溢れるありと
あらゆるシンボルのことを、「マーク」と呼ぶことにするよ。(※もマークだね。)

マークは、とても便利。
それだけで、長ったらしい説明がいらなくなるし、自分の伝えたい思いだって込められる!
でも、使い方によっては混乱させられることもしばしば。

この展示では、
「いつもマークが使われている箇所を、文字に置き換えたらどうなるの?」
「いつも字が使われている箇所を、マークに置き換えたらどうなるの?」
をテーマに、日常に溢れるマークにどれだけ私たちが助けられ、惑わされているかを考えるよ。

カテゴリー
作品展示
展示期間
2023年6月26日(月)ー7月14日(金)
9:00〜19:30 土日休館
場所
同志社女子大学 mscギャラリー
(京田辺キャンパス知徳館6号棟1階C163)
出展者
大島千佳氏(髙木ゼミ 2021年卒業)
お問い合わせ
同志社女子大学 学芸学部 メディア創造学科事務室 TEL: 0774-65-8635

プロフィール

大島 千佳 氏 ピクトグラムクリエイター / デザイナー

2021年 同志社女子大学 情報メディア学科 卒業
「おちこ」名義で活動中。様々なシチュエーションで使用されるピクトグラム・アイコンを制作する他、ピクトグラムを使ったマンガ「ピクトマンガ」を描いたりしている。ユーモアのあるストーリーを考え、 ユーモアのある文章を書き、ユーモアのある作品を作ることが大好き。

ARCHIVE MENU

2023年度のイベント・レポートは
学科イベント」でご覧いただけます。

ARCHIVE TOPICS

ARCHIVES

言葉好き 髙木毬子展