太田徹也氏講演会 &ギャラリートーク The Appeal of Diagrams『ダイアグラム』の魅力 → 絵文字、気象図、経済指標、交通路線図ほかのデザイン

太田徹也氏講演会 The Appeal of Diagrams『ダイアグラム』の魅力 → 絵文字、気象図、経済指標、交通路線図ほかのデザイン

太田徹也氏講演会&ギャラリートーク
The Appeal of Diagrams『ダイアグラム』の魅力 → 絵文字、気象図、経済指標、交通路線図ほかのデザイン

モノや道具、工業製品には、インダストリアル・デザイン。広告、雑誌書籍にはグラフィック・デザイン。もう一つ忘れちゃいけないのが『ダイアグラム』と呼ばれるジャンルです。実はこの図形化された新しいデザイン領域こそ、現代の情報化社会を高度に推進するカギになります。 『ダイアグラム』の魅力は、経済指標グラフなど<変化>を映し出すこと。交通路線図や道路標識などの<公共性>。民族や言葉のカベをこえて共通認識を生む<国際性>。人びとの生活に密着しつつ、社会に働きかけるのが『ダイアグラム』のデザインです。

カテゴリー
講演会
講師
太田徹也氏(グラフィックデザイナー)
開催日時
2018年10月5日(金) 15:00〜16:30
15:00〜16:00 講演会
16:00〜16:30 ギャラリートーク
場所
聡恵館ラーニング・コモンズ イベントエリア
(同志社女子大学 京田辺キャンパス)
参加対象
同志社女子大学在学生および一般
申込み
不要、入場料無料
主催
同志社女子大学メディア創造学科
共催
同志社女子大学 メディア創造学会
お問い合わせ
同志社女子大学 メディア創造学科 事務室
TEL:0774-65-8635

講師プロフィール 太田徹也氏

●1963年桑沢デザイン研究所卒。1963~1975年、田中一光デザイン室を経て1975年太田徹也デザイン室設立主宰、現在に至る。●展覧会=1983年「日本企業のCI展」松屋・銀座デザインギャラリー、1991年「ダイアグラム展」ギンザグラフィックギャラリー(ggg)、1993年「S.I mapと国際単位展」東京デザイナーズ・スペース(TDS)、2000年「ダイアグラム展」モリサワ・タイポグラフィ・スペース、2003年「本のInside-Out展」2012年「国際単位展」2017年「書籍前夜展」gallery 5610、2013年「ダイアグラム教育展」武蔵野美術大学ほか。●受賞=1991年全国装幀コンクール、カタログポスター展「通産大臣賞」、東京タイポディレクターズクラブ「会員・銅賞」、日本タイポグラフィ協会「ベストワーク賞」、1992年東京アートディレクターズクラブ「ADC賞」、「原 弘賞」、2002年全国装幀コンクール「文部科学大臣賞」、2013桑沢デザイン研究所「特別賞」など。●出版=1989年「CI=マーク・ロゴの変遷」六曜社、「色の見本帖」ごま書房、「Inside-Out」、「デザイン十二夜」自費出版。●所属=日本グラフィックデザイナー 協会、日本タイポグラフィ協会会員。●現在=ブックデザイン、エディトリアルデザイン、CIを中心に幅広く手がける。

EVENT MENU

EVENT TOPICS

NEWS TOPICS

ARCHIVES

森・有賀ゼミ3年次生合同制作 京都市共同広報プロジェクト動画作品発表会

msc TWITTER