EVENT 作品展示

「TRY TO GO OVER (T)HERE」田中幹人展

あらゆるものがデジタル化可能な社会の中で、私が表現したいのは<アナログだからこそ生まれる感覚>。そこにはアナログな行為をした者だけが得られる主体的感覚と、偶然の美しさ、理屈ではない面白さ、受け入れ難い......

INFORMATION > REPORT >

2022年度 現代美術演習 作品展示

第1回の展示はエルズワース・ケリーの作品「Colors for a Large Wall」と、ゲルハルト・リヒターの作品「カラーチャート」シリーズを参考に、偶然性と規則性を用いた作品を制作し、全員でイ......

INFORMATION > REPORT >

『When Graphic Speak – グラフィックが語るとき』 ジャスティン・ウォン展

『When Graphic Speak – グラフィックが語るとき』 ウォン氏は日常生活、社会や政治をテーマとしイラストやコミックを描いています。 最新のプロジェクト「Daily Wish」シリーズで......

INFORMATION > REPORT >

【souzou】vol.05 メディア創造学科企画展示

【souzou】vol.05 メディア創造学科企画展示 Souzou、表音記号では様々な意味を連想することができます。想像、創造、送像、そして騒々。漢字の表記に従って、意味が変わっていきます。興味深......

INFORMATION > REPORT >

有賀ゼミ習作展2021「The Passage of Time」

メディア創造学科 有賀ゼミ習作展 2021「The Passage of Time」 時間の経過をテーマにWebコンテンツ、 映像、 アニメーション、 アプリなどを制作しました。 時間にはかたちはあり......

INFORMATION > REPORT >

2021年度 同志社女子大学メディア創造学科 進級制作展「Neo-ニオ-」

2021年度 同志社女子大学 メディア創造学科 進級制作展「Neo-ニオ-」 私の新しいを見つけに行こう メディア創造学科3年次生の進級制作展「Neo(ニオ)」 新しい技術や新しい表現に挑戦する私たち......

INFORMATION > REPORT >